自宅で行なうシミ消し方法

長年素肌を日光にさらし続けた結果、20代後半あたりからだんだんと気になってくるシミ。中年以降はその数もどっと増えてきます。エステに行ってレーザー治療してもらえばほぼ100%キレイになりますが、美容皮膚科での治療は自由診療なのでお金がかなりかかってしまうイメージがあります。そのため、シミが気になっても自分でなんとかしよう、と思う女性が圧倒的に多いのではないでしょうか。シミを見つけて気になった場合、買い求めるのがシミ消し美容液です。大手化粧品会社各社から様々な種類が販売されていて、殆どの製品は透明感のあるトロッとした化粧品です。気になる箇所に朝晩つけます。製品によって成分が違うので、効き目が高い製品とそうでもない製品があります。効きが良い製品の目安はやはり価格の高さになりますが、自分の肌に合うか、また、使い心地はどうか、などを事前にサンプルをもらって試すと良いでしょう。シミ消しがスティックタイプになっている製品も多く売られています。気になる箇所に塗込み、シミをピンポイントでとらえます。薬を塗ったように色が白くなるので、家で過ごしている時に使いましょう。シミの数が多くない場合は、このスティックタイプもオススメです。

シミ消しに効果がある美白化粧品

シミは正しいケアを続けることで薄くなりキレイな肌になっていきます。シミができる原因にはメラニン色素が関係していますが、肌の表皮にある角化細胞ケラチノサイトが、紫外線を浴び過ぎると表皮の一番下にあるメラノサイトにメラニンを作るように作用します。そのようにしてメラニン色素を増やして紫外線から肌を保護するように働きます。新たにできたメラニンは若い時は、細胞の新陳代謝で体外に排出されますが、加齢などで代謝が悪いとメラニンが排出されず残ってしまいシミになります。シミ消しには美白成分がたっぷりと含まれた化粧品が役立ちます。その美白成分にメラニン色素の生成を抑える作用があるビタミンC誘導体がありますが、ビタミンCと似た成分で、普通のビタミンCに比べて8倍もの浸透率があるといわれています。コラーゲンの生成を促したり皮脂の分泌量を調整したりしますので美肌になるために優れた成分です。また、シミ消しの効果が期待できる成分でハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは、メラノサイトの活動を抑制したり、チロシナーゼの活性を抑える作用があります。酸化を還元してメラニン色素を薄くするハイドロキノンが含まれている化粧品はシミ消し効果を期待できます。

シミ消しに効果的な方法とは

"シミができてしまうことで、見た目年齢も老けて見えてしまいますし、化粧も厚くなってしまうこともあります。 そこでシミ消しをしたいところですが、美白化粧品を使うというのは、シミそばかすを防ぐという意味では大変効果があります。 しかし、あくまでも、シミを作らないようにするということになりますので、予防的な使い方になります。 一度できてしまったシミに関しては、美容皮膚科などでシミ消しのレーザーなどを照射することが即効性もアリおすすめです。 少し痛みが生じることもありますが、我慢が出来ないような痛みではありませんので、心配することはありません。 レーザーの種類はいくつかありますし、シミの種類によっても使い分けられますので、実績のある医師にきちんとカウンセリングをしてもらうことが大事です。 また、レーザーの痛みが気になるようでしたら、シミ取りクリームなどを使うという方法もあります。 ハイドロキノンやレチノイン酸などを処方してくれる美容皮膚科もありますので、相談されてみると良いでしょう。 即効性はレーザーほどありませんが、キチンと薄くなってきます。 また、内側から働きかけるようなビタミンEやビタミンCなども処方してもらうことができます。"

シミ消しクリームナビ|お肌を黒→白に出来るクリーム紹介

◆ about link